カルビとハラミと牛たん

焼肉と言えばカルビ。カルビと言えば焼肉。

そんなイメージを持っている方も多かろう。

焼肉界の不動の王様と思われているカルビだが、果たして本当に一番の人気部位はカルビなのだろうか?

否。

とある調査結果によると、『好きな焼肉の部位』の一位は『タン』なのである。

意外や意外。

私が最後に焼肉に行ったのは10年ぐらい前だが(そんなにがっつり肉を食べないんですよ)、当時『タン』というと『地味』『酒飲みのおっさんが好む』みたいなイメージがあったと思う。

いや、あくまで私のイメージなのだが、認知度もそこまで高くなかったし、タンを頼むと、

「え、タン?」「タン塩?渋いね」

のような空気があった(あくまで私の体験です)。

gyu_022

しかし調査結果を見ると、タンを支持しているのは20代の女性陣。それも前半でなく後半、仕事を持った、働き盛りの女性が多い。

詳しくはこちらの記事へ
→ 牛たんは七輪で焼きます

推測だが、焼肉におけるタンの地位の向上は、女性の社会進出と無関係ではないだろう。

かつて『男性、もしくは家族連れのもの』と思われがちだった焼肉だが、働く女性の外食の機会が増え、女性をターゲットにしたプランも多くなった。ランチや女子会、女性の一人焼肉など、焼肉屋の用途も幅広い。

女性、中でもある程度年を重ねた女性は、健康や美容を気にするもの。おいしいものをたらふく食べつつも太るのは嫌、と思うのが女性だ。また、年を経ると味覚が変わり、こってりしたものよりあっさしたものを好むようになる。

その中で、カルビやハラミに比べてヘルシーで、あっさりと食べられるタンの人気が高まっていったのではないだろうか。

カルビもハラミもいいが、

「レモンで食べるタンが最高」。

こう言えるのは素敵なことだと思う。